弁護士の様々な業務内容

弁護士という仕事は、法的手続において当事者の代理人、被告人の弁護人として、法廷で主張や弁護などを行う他に、各種の法律に関する事務を行っている人のことです。

弁護士になる為には、法科大学院課程を修了し、法務省の司法試験委員会が行う、新司法試験に合格し、その後、司法研修所に入所し、司法修習を修了するのが一般的な弁護士資格の取得方法です。

弁護士になると様々な業務があります。例えば、法律事務です。これはいくつかの観点から分類が可能で、例えば、一般民事、企業法務などです。

一般民事とは、私人から依頼される民事上の法律問題を扱うカテゴリーで、近年、相談件数が増えている過払い金返還なども受け持ちます。

依頼や相談で今、最も多い過払い請求も、実際に、弁護士に依頼された方が多くいらっしゃいます。依頼された方の口コミには、臨機応変に対応してくださり、長期戦にならずに済み、プライバシーもしっかり保護してくれて助かりました、という口コミが多数聞かれました。

過払い金返還などの一般民事は更に、民事事件、消費者事件、損害賠償請求事件などの分野に分けることができます。その他の仕事内容としては、企業法務があります。依頼主が企業で、法律問題を扱うカテゴリーです。企業法務は、例えば商事、労働事件、企業統治、ファイナンス、税務などの分野に分けることができます。